NEO stan fig-log

“好きな言葉はちんねんです”

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

電脳ダイバー 

2008/04/11
Fri. 02:23

昨日深夜放送が開始された
『RD 潜脳調査室』
夜中なにげなく流し見していたが
エンドロールで原作が士郎正宗・・・と

あらビックリ。

Production I.G×士郎正宗が再び組む。
かの『攻殻機動隊』との共通する世界観というか『ワード』が登場するとのこと。

電脳化された世界を仮想深海に置換え電脳ダイブする・・・・・・



2061年、人間がネット社会を構築して50年。
人間同士が意識で繋がることができる理想実現を期待されたネット社会だったが、
個人情報の流出、情報の改竄など、新たな社会問題が現象化しているにも関らず、
人は尚、取り交わされる情報をネットに依存し、ネットからの離脱を選択することはできなかった。
その結果、セキュリティを強化した新たなネットワーク空間の構築が望まれ完成したのが
メタリアル・ネットワーク(略してメタル)である。メタルは情報化された個人の記憶を
バブルシェルという泡状の有機的電脳防壁で擬似的にスタンドアロン化させ、
人々の生活に浸透していった。
だがその結果、人は安全なメタルの中で本能を解放し、爆発させることを憶えた。
解き放たれた本能に押し出される形で、個々の意識は情報の海に溺れ、欲望の圧力に曝される。
だが、人が生きている舞台は規律で縛られた現実世界である。

二つの世界の間に奇妙な摩擦が生れ、それが在らざる歪みとなって世界に現れはじめていた。
そうした歪みの原因を調査、究明するため、メタルの海に挑むエキスパートを、
人々は電脳ダイバーと呼んだ。

この物語は、リアルとメタルの狭間で起こる事件を調査する電脳ダイバー、波留真理の物語である。


1話を見た限りでは途方も無く難解ムードがただよう。
台詞も説明的すぐる。字幕付けてもよい程、台詞が入ってこないので困

最初の5分過ぎまで見逃していたため
すっかり『電脳老人Z介護アニメ系列』モノかと勘違いしてたw
※あながち差異はないですけど汗

主人公の声は元科学忍者隊リーダーの森 功至。往年の燻し銀ボイスである

学者曰く・・・・『深海は宇宙以上に人知の及ばない世界』

と聞けど、もう少し食いつき易く作っておくりお。
と愚痴りながら今後の展開を密かに期待。

見逃した方のために放送後、1W期間限定でweb配信されてます。

電脳擬体SF好きな方はとりあえず押さえとこw

http://www.gyao.jp/anime/rd/
http://www.ntv.co.jp/RD/index2.html

タイトルが『調査室』ってことで
実は意外と金田一風に
“じっちゃんのナニかけてぇ”女の子編(1話完結)だったら多分泣く(T_T)

※ナニをカタカナにするなカタカナに・・・・(・ω・`彡 )з キュー
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://stanfiglog.blog69.fc2.com/tb.php/390-10119dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。